最新情報


山本内科の『発熱患者さんの受け入れ体制』につきまして


~熱のない患者さんに、安心して通院して頂くために~

  • 当院では、発熱患者さんは動線(入口)を分けて待機・診察しています

発熱等の症状が生じた場合、10月末より保健センターではなく、まずはかかりつけ医等に電話相談する方針に変更されています。(帰国者・接触者外来は廃止されました。)

Q)発熱した時はどうしたらよいのでしょうか?

A)①当院で診療可能です。

   ただし、先ずご自宅からお電話でご相談ください。

 ②自家用車内でお待ち頂き、電話問診で診療します。

駐車場に着かれましたら、マスクを着用し再度お電話下さい。

   スタッフが緊急性の有無を判断しに車へ伺います。

Q) 発熱した時、自家用車がないときはどうしたらよいのですか?

A) お車が利用困難な際等には、動線を別に、勝手口よりお入り頂く、

発熱患者等専用の待機・診察室」を新設。

  こちらでもお待ち頂けます。(出入り前後に室内等にアルコール消毒を行っています)

Q) インフルエンザの検査は出来ますか?

A) 新型ウイルス感染のリスク低減を図るため、当院では綿棒の鼻腔挿入検査は基本的に行わない方針です。

インフルエンザの疑いが強い患者さんには、

①流行状況を鑑み・臨床診断と合わせ、抗インフルエンザ薬を処方致します。

 (必ずしも検査は必要ありません)

②抗原検査を強く希望される際は、

  ティッシュに鼻をかんで頂き、インフルエンザ抗原検査を行います。

Q) 新型コロナウイルス感染症の検査は行っていますか?

A) はい、当院で検査可能です。かかりつけの患者さん・そのご家族を対象にしています。

・一般診察室内では取り扱わず、

     駐車場自家用車内または、発熱患者等専用の待機室内で、

 唾液検体を用いたPCR検査が可能です。

・検査結果は数日中に、電話でお伝えします。

Q) PCR検査が陽性の場合、どのようになるのでしょうか?

A) 患者さんには、当院から電話で検査結果を説明させて頂きます。

保健センターに報告し、保健センターよりその後の対応を仰ぎます。

入院が必要と判断した場合は、対応可能な医療機関を紹介します。

軽症の場合は、自宅待機または、軽症者等が療養を行う宿泊施設(「宿泊

療養施設」)での療養となります。

参考:名古屋市ホームページ名古屋市:市民の皆様へ(暮らしの情報) (city.nagoya.jp)

新型コロナウイルス感染症に関連した、支援施策などを紹介されています。

Q) 待合室内でコロナに罹ってしまうことはありませんか?

A) 感染リスク対し、ものごとゼロには出来ませんが、

    限りなくゼロになるよう対策を実施しています。

 ・3密を避けます

   ①密閉空間を避ける:

   ②密集場所の改善:

   ③密接場面の回避:

 ・院内備え付けのアルコール手指消毒液を来院時・退出時にご利用下さい

~次は、山本内科の具体的対策法です~

3密を避けるための院内対策

①密閉空間を避ける:十分な換気の確保

 1) 入口開放、窓は10cm開け・

    外に向けたサーキュレーターを設置

    空気清浄機を3台追加設置

 2) 既設院内8か所の換気扇を、今回入れ替え済

    換気効率を向上させました

 3) 全エアコンの清掃を、

    ダスキンさんにより実施済

②密集場所の改善:

 1) 前日までにweb予約システムをご利用下さい。

  (30分枠に1名様まで。ただし初診時は不可です。)

   *当院ホームページ「こちら」からご予約下さい。

 2) 来院時当日なら、診察3番前に

  携帯電話へ自動で帰院をお知らせするシステムをご利用ください。

   (車内待機や院外外出も可能。時間を有効活用できます。)

   *受付前で、ご自身の携帯電話から受診番号を簡単入力してください。

③密接場面の回避:医師およびスタッフは、

マスク・フェイスシールド(またはアイシールド)を常時着用しています。

【山本内科はかかりつけの患者さんを大切にする医療機関です】

・コロナ渦でも、生活習慣病の治療継続や予防接種など、通常の診療を受けられる場は確保すべく、受診控えを生じないように、安心して通院して頂ける環境を整えます。

・発熱の原因は、コロナだけではありません。

・かかりつけ患者さんの発熱等に対しても診療を行い、適切に対応致します。

・患者さん、スタッフへの感染を防ぐために、

  今後も感染管理・対策を徹底して参ります。

来院時、みなさまに確認させて頂いています。


毎日、新型コロナウイルスのニュースで参ってしまいますね。

保健センターをはじめ、基幹病院などで携わる全ての関係者の方々のご苦労に頭が下がります。

どのようにしたら少しでも安全に診療が行えるのか。

当院では、来院された皆様全員に以下を確認させていただいております。

早く平常の生活や診療ができるとよいのですが、山中教授も話されているように時間はかかりそうです。

https://www.covid19-yamanaka.com/

3密を避けながら、お天気の良い日は散歩して過ごしましょう。

私も久しぶりに歩いてみました。

冒頭のように、ご近所でも桜がきれいでしたよ!

当院の感染拡大防止対策です。

コロナウイルス感染拡大防止へ、山本内科の対策

・感染防止に重要な風通しを良くするため、待合室及び診察室の窓は常に開放し、換気を十分に行います。(暖房は行いますが、院入口ドアも開放とさせていただきます。)
・慢性疾患で安定された通院中の方で、投薬継続をご希望の方は、受診前にお電話でお申し出ください。待合室でのお待ち時間を短縮いたします。
・当院は基本的には予約制ではありません。が、予約を希望される方には、前日までにHPから、30分間に1枠の事前予約システムも用意しています。
・また受診番号を使った、院外でも待てるシステム(受診の3番前になると携帯電話に自動呼出しコールがかかります)もあります。ご利用ください。
 
・診察や検査前後に手洗い・アルコール消毒で手指衛生を徹底しています。
・ドアの取手や椅子、トイレなど触れる場所は、アルコール消毒を徹底します。
・スタッフは全員マスクを着用します。
・スタッフは毎朝検温し、発熱のあるスタッフは自宅で待機します。
・人が多数集うイベントへの参加は見合わせます。
 

来院される患者さんへのお願い

・咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチで口や鼻をおさえる「咳エチケット」をお願いします。
・咳症状や発熱のある患者さんは、来院前に電話でお申し出ください。別室でお待ち頂きます。
・新型コロナウイルス感染症を疑う患者さんで、次の症状がある方は、院内感染を防ぐため、院内に入る前に相談センターへ電話連絡をしてください。(当院では新型コロナウイルスのPCR検査はできません。)
1.風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
2.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
 
お近くの相談センター(各保健センター)の電話番号です。
(開設時間 平日:午前9時から午後5時30分まで)
緑区在住の方:052-891-3623
南区在住の方:052-614-2814
天白区在住の方:052-807-3912
 
時間外にはこちらへお問い合わせください。
(平日:午後5時30分から午前8時まで、土、日、祝日午前9時から午後8時まで)
中保健センター:052-241-3612
 
上記以外にお住いの愛知県内、各市町村相談センターの電話番号はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止に


新型コロナウイルス感染拡大防止に

皆様ができること

武漢では、社会機能を停止させることによって感染拡大の収束に向かっていますが、現時点では、日本では社会機能を可能な限り維持しつつ、感染拡大を最大限に抑制することが求められています。そのためには、できる限り多くの人々に、次のような行動をとっていただきたいと考えています。
 
(1)軽い風邪症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけなど)でも外出を控えること
(2)規模の大小に関わらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かないこと(例えば、ライブハウス、カラオケボックス、クラブ、立食パーティー、自宅での大人数での飲み会など
 
ただし、症状のない方にとって、屋外での活動や、人との接触が少ない活動をすること(例えば、散歩、ジョギング、買い物、美術鑑賞など)、手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとって会話をすることなどは、感染のリスクが低い活動です。
 

全国の若者の皆さんへのお願い

10代、20代、30代の皆さん。
若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。
でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、
重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。
皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、
多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。
 
上記は、厚生労働省HP 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」より抜粋しています。
 
 

新型コロナウイルス感染を拡大させないために


ダイヤモンドプリンセス号に関わる医療支援活動をされた先生の報告があります。
共有・拡散もよいとされています。
是非ご一読ください。
 

当医院について


内科 小児科 皮膚科 腎臓内科

医療法人 紘和会 山本内科

〒458-0847 名古屋市緑区浦里3-163
TEL 052-891-1500
FAX 052-891-1900
URL https://yamamotonaika.co