最新情報


来院時、みなさまに確認させて頂いています。


毎日、新型コロナウイルスのニュースで参ってしまいますね。

保健センターをはじめ、基幹病院などで携わる全ての関係者の方々のご苦労に頭が下がります。

どのようにしたら少しでも安全に診療が行えるのか。

当院では、来院された皆様全員に以下を確認させていただいております。

早く平常の生活や診療ができるとよいのですが、山中教授も話されているように時間はかかりそうです。

https://www.covid19-yamanaka.com/

3密を避けながら、お天気の良い日は散歩して過ごしましょう。

私も久しぶりに歩いてみました。

冒頭のように、ご近所でも桜がきれいでしたよ!

症状によって何科を受診したらよいか迷う際にはどうすれば良いのでしょうか?


当院のページをご覧頂き有難うございます。

今回は、小学校の学校医をさせて頂いているのですが、表題はその保護者から頂いた質問Q)でした。

A)  何科でもよいです。 受診された後、先生との対話が重要です。

つらい症状に悩まされ、病院に行こうと思っても、何科を受診すれば良いのか分からないことがあるとよく聞きます。適切な専門の先生が分からない場合は、まずはかかりつけの先生に相談されるのがよいでしょう。かかりつけ医が無い場合、子供さんであればお近くの小児科や内科診療所に受診されご相談ください。

また、その先生の診断や治療で、結果が満足されない場合には、不安があることを伝えましょう。もう一度その先生と相談することで次の解決案を引き出すことが期待できます。方針が不変でも、十分な説明を聞くことで安心できることもあれば、そこで解決できない場合、病状に適した専門医を紹介してもらう契機となります。

地域の先生は、患者さんの期待される点を踏まえ、専門性やその地域の交通・通院事情なども考慮し、次の医療機関を紹介します。

未解決のままご自身の判断で医者を変えてしまったり、幾つも同時に受診されたりすることは避けるべきです。なぜなら、情報があれば次の手が打てるのに事前情報がないばかりに、同様の検査や治療を受けることになり、紹介のタイミングが遅れてしまった結果、時間や費用などをロスしてしまうこともよく聞かれます。

適切でよい医者を紹介することも町医者の腕の見せ所です。臆することなくご相談ください。

当院の感染拡大防止対策です。

コロナウイルス感染拡大防止へ、山本内科の対策

・感染防止に重要な風通しを良くするため、待合室及び診察室の窓は常に開放し、換気を十分に行います。(暖房は行いますが、院入口ドアも開放とさせていただきます。)
・慢性疾患で安定された通院中の方で、投薬継続をご希望の方は、受診前にお電話でお申し出ください。待合室でのお待ち時間を短縮いたします。
・当院は基本的には予約制ではありません。が、予約を希望される方には、前日までにHPから、30分間に1枠の事前予約システムも用意しています。
・また受診番号を使った、院外でも待てるシステム(受診の3番前になると携帯電話に自動呼出しコールがかかります)もあります。ご利用ください。
 
・診察や検査前後に手洗い・アルコール消毒で手指衛生を徹底しています。
・ドアの取手や椅子、トイレなど触れる場所は、アルコール消毒を徹底します。
・スタッフは全員マスクを着用します。
・スタッフは毎朝検温し、発熱のあるスタッフは自宅で待機します。
・人が多数集うイベントへの参加は見合わせます。
 

来院される患者さんへのお願い

・咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチで口や鼻をおさえる「咳エチケット」をお願いします。
・咳症状や発熱のある患者さんは、来院前に電話でお申し出ください。別室でお待ち頂きます。
・新型コロナウイルス感染症を疑う患者さんで、次の症状がある方は、院内感染を防ぐため、院内に入る前に相談センターへ電話連絡をしてください。(当院では新型コロナウイルスのPCR検査はできません。)
1.風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方
(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
2.強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
 
お近くの相談センター(各保健センター)の電話番号です。
(開設時間 平日:午前9時から午後5時30分まで)
緑区在住の方:052-891-3623
南区在住の方:052-614-2814
天白区在住の方:052-807-3912
 
時間外にはこちらへお問い合わせください。
(平日:午後5時30分から午前8時まで、土、日、祝日午前9時から午後8時まで)
中保健センター:052-241-3612
 
上記以外にお住いの愛知県内、各市町村相談センターの電話番号はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止に


新型コロナウイルス感染拡大防止に

皆様ができること

武漢では、社会機能を停止させることによって感染拡大の収束に向かっていますが、現時点では、日本では社会機能を可能な限り維持しつつ、感染拡大を最大限に抑制することが求められています。そのためには、できる限り多くの人々に、次のような行動をとっていただきたいと考えています。
 
(1)軽い風邪症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけなど)でも外出を控えること
(2)規模の大小に関わらず、風通しの悪い空間で人と人が至近距離で会話する場所やイベントにできるだけ行かないこと(例えば、ライブハウス、カラオケボックス、クラブ、立食パーティー、自宅での大人数での飲み会など
 
ただし、症状のない方にとって、屋外での活動や、人との接触が少ない活動をすること(例えば、散歩、ジョギング、買い物、美術鑑賞など)、手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとって会話をすることなどは、感染のリスクが低い活動です。
 

全国の若者の皆さんへのお願い

10代、20代、30代の皆さん。
若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。
でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、
重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。
皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、
多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。
 
上記は、厚生労働省HP 「新型コロナウイルス感染症対策の見解」より抜粋しています。
 
 

新型コロナウイルス感染を拡大させないために


ダイヤモンドプリンセス号に関わる医療支援活動をされた先生の報告があります。
共有・拡散もよいとされています。
是非ご一読ください。
 

歴史的な状況の中で


2月19日に「第11回朝市で語ろう」が無事開催されました。
平安会館浦里斎場さんのブログに紹介されています。
核家族化、高齢化問題を解決しうる一助として、地域のつながりはとても重要で、当院も理事長が健康相談コーナーを担っております。
平安会館さんや、ボランティアさんなど関係者の方々には頭が下がります。
先週は開催できましたが、もし今週の予定であったら開催できたかどうか。状況が日々変わっており、今後は様々な集会が延期されるのはやむを得ません。
新しいウイルスの拡散、性質がまだよくわかっていないが為に、我々は不安になり、ためされています。
ウイルスの感染・侵入経路(エアロゾル?空気感染?・粘膜浸潤?)・本当の潜伏期間などが明らかになり、これをしたらよいという対策が確定するまでにはまだ時間がかかりますが、いずれ明らかになります。
それまで個人ができるのは、睡眠を十分とり食事をしっかりとること、持病はしっかり管理することです。
当院では、発熱や呼吸器症状のあるかたは、別室を用意していますのでお申し出下さい。
通常に催し物が開催されるようになる時を心待ちにしています。

頑張って下さい!高橋教授

同じ教室出身の高橋先生が、藤田医科大学解剖学講座の教授に就任されました。
とても喜ばしく、先週末の就任祝賀会の写真です。
 
彼は私の1年先輩。
学生時代には国家試験対策委員長を引き継がせて頂き、
大学院生時代には研究・実験の手ほどきから、アメリカの学会へも導いてくださり、現在も公私にわたりお世話になっています。
今後、臨床と基礎医学の垣根を超えた研究・教育に、藤田医科大学を引っ張ってくれることでしょう。
同大の国際交流推進センター長としても、留学生の受け入れなど世界へも貢献されるとのこと。
今後が楽しみでならないのですが、身体に気をつけて適度に頑張ってください!
 
 

『朝市で語ろう』に行きましょう!


『第11回朝市で語ろう』が、2月19日水曜日に開かれます。

場所は平安会館浦里斎場です。
第11回朝市で語ろう お知らせ
地域社会の福祉の増進と住民自治の向上発展を図る事を目的として「緑区片平学区連絡協議会」が活動されています。
地域のふれあいの場の一つとして、
当院の紘靖理事長も健康相談コーナーで、皆様とお会いできることを楽しみにしています。
お近くの方は、ぜひご参加ください。
今回は、結婚式場「美翔苑」さんのビーフカレーに注目です!
美味しいカレーも

”ヒブワクチン”(乾燥ヘモフィルスb 型ワクチン)の供給につきまして


ご迷惑をお掛けいたします。
下記の理由により、卸業者から新たなワクチンの入荷が困難との連絡がありました。
当院はご依頼いただいてからワクチンを発注しており、ワクチンの在庫はございません。
供給が再開されるまで、“ヒブワクチン”はお休みさせていただきます。
下記の様に、2月末に供給状況の案内が出される予定ですのでお待ちください。
 
以下、厚生労働省のHPより抜粋です。
サノフィ株式会社が製造販売する乾燥ヘモフィルスb 型ワクチン(破傷風ト
キソイド結合体)(販売名:アクトヒブ)については、添付溶剤が充填されたシ
リンジ容器の針に錆が発生した事例の報告があったことを受け~
~今般、製造販売業者より、本事例のフランス製造元での調査等に時間を要して
いるため、製品の新たな供給が遅延しており、調査等が完了するまでの間、取引
卸からの受注を一時的に見合わせる旨が報告されました。
現在、アクトヒブの新たな供給が遅延しており、調査等が完了するまでの間、
取引卸からの受注が一時的に見合わされます。そのため、取引卸の在庫の出荷が
終了した後、一時的に医療機関等への供給が難しくなる可能性があります。同社
は、2月末頃に改めて供給状況を案内するとしています。
 
ワクチンの供給状況について |厚生労働省

新型コロナウイルスについて


1月も27日になりました。
久しぶりの投稿になり恐縮です。
今季の冬は暖かくて、名古屋はまだ雪が降っておらず、インフルエンザの患者さんも例年に比べ少なく、外来は落ち着いております。
お隣の国では感染が拡大し、メディアから不確定情報が聞こえ不安にもなりますが、
冷静な対応が必要ですね。
厚生労働省のHPがよく更新されますのでご参照ください。
>新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
マスク、手洗いなどしっかりしていきます。
 

当医院について


内科 小児科 皮膚科 腎臓内科

医療法人 紘和会 山本内科

〒458-0847 名古屋市緑区浦里3-163
TEL 052-891-1500
FAX 052-891-1900
URL https://yamamotonaika.co