最新情報


ADPKD(多発性嚢胞腎)をご存じですか。


  • ADPKD(多発性嚢胞腎)は、腎臓に多数の嚢胞が発生・増大し、腎臓の働きが低下していく遺伝性の病気です。
  • 2017年に日本で透析導入となった患者さんの2.6% 約1000人がこのADPKDによると報告されています。

 

  • 私は研修医の時に初めてADPKDの透析患者さんにお会いすることができました。
  • とても気さくな方でよく透析患者さんの生活などを話して教えてくださいました。
  • お腹が大きいことと、原因不明の高熱を毎年繰り返されていたことが特徴の方でとても印象深い患者さんでした。
  • 前者は肝臓・腎臓に多発性の嚢胞があるためで、また後者の発熱は嚢胞感染によるものだったのです。

 

  • 当時は、根本的な治療法がなかったのですが、2014年から本邦発のトルバプタンという薬が登場。
  • これにより透析導入までの期間が遅れることが認められており、私も数名の患者さんに投与させて頂くことができ、その効果が期待されています。
  • また、他にも幾つかの治験も進んでいると聞き期待されています。

 

  • 先週末には、多発性嚢胞腎フォーラムに参加し、「患者さんとご家族のための多発性嚢胞腎(PKD)療養ガイド2019」が新たに発刊されたことを知りえました。
  •   http://lifescience.co.jp/shop2/index_0183.html
  • 実際に聞きたいことに応えており、とてもわかりやすい内容になっています。

 

  • 病気のメカニズムなど正しい情報を本やネットで知って頂くのがとても重要です。
  • 「ADPKD.JP 多発性嚢胞腎がよくわかるサイト」
  •   https://www.adpkd.jp/
  • ご不明な点や疑問がありましたら、当院に聴いていいただければ応えていきますので、ご利用ください。

かかりつけ医として


当院のホームページを見て下さりありがとうございます。

写真は、日本医師会のかかりつけ医研修会の認定証です。

 

今日は、患者さんからうれしい話を聞きました。

このホームページ内の【現在の待ち状況】をいつも見ていますよ!とのこと。

受診の際に、待ち時間を少なくするのに使って下さっているそうです。

 

今後もかかりつけ医として、利便性のよい医院になるようにしていきたいと思います。

フットケアについて6月5日に講演します。


毎日暑くなってきましたね。

明日6月5日水曜14時から、だいどうクリニック5階講堂で

腎臓病教室の中で、講演をさせて頂きます。

「糖尿病性腎臓病と足のケア」についてです。

最近、フットケアの学会や勉強会などで得られた知見を基に

皆さんに少しでも参考になればと思います。

お時間がありましたら、お越しください。

 

水曜日は3週連続!腎臓病教室


5月なのに、名古屋は4日連続の猛暑。

待合室が暑く、クーラーを入れる必要がありました。

 

あつい熱いと言えば、「腎臓病教室!」(むりやりですが)

今週水曜から3週連続で、だいどうクリニック5階講堂で行います。

初回5月29日は

①浅野先生の ”腎臓を長持ちさせるには” ;彼女の講演はキレがあります!

②栄養士さんによる ”食事療法の基本” ;皆さんが最も興味のあるテーマでしょうか

③薬剤師さんによる ”くすりと上手に付き合おう” ;腎臓に関する沢山の薬を丁寧に説明してくれます。

私も楽しみにしています。

次週は山本も”フットケア”をテーマに話す予定です。

ご興味ありましたら、ぜひご参加ください。

早くも猛暑!?


今日は33℃と5月とは思えない暑さでしたね。

皆様、しっかり睡眠をとって体調を整え、明日に備えてください。

 

“脱水”などで点滴を希望される場合は、待ち時間を極力少なくします。

受付でお申し出下さい。

 

*下の写真は、昨年冬の医院入口乗り入れです。

以前は、幅3mで出入りにご不便をかけておりました。

現在は、冒頭写真のように、幅5.3mに拡張して頂き出入りしやすくなりました。

山城土木さん 有難うございます!

 

フットケア学会に参加しました。


週末は名古屋で行われたフットケア学会に参加してきました。

立ち見が出る講演も多数あり、関心の高さがうかがわれました。

巻き爪矯正などフットケアの実技をライブで見られるなど、

専門家の施術を見る機会を得たのはよかったです。

大変参考になり、明日からの実践に活かしていきます。

*昼食用に台湾ラーメンの屋台を出店され県外からの参加者には好評なようでした。

普段は美味いですけど、、ニンニク臭の強い学会でした。。。

今年も1年お世話になり有難うございました。


今年も残りわずかになりました。

名古屋は比較的暖冬で雪も1日しか降っておらず、交通マヒにならず助かりますね。

それでも先週から風邪やインフルエンザの患者さんが増えてきました。

お出かけの方、お仕事の方、手洗いやマスク着用で用心くださいね。

 

今年は診療所勤務2年目で出来たことは、

「朝市で語ろう」の医療相談に参加できたり、

「緑区民健康講座」で腎臓病の話をさせて頂く機会を得たり、

(40名もご参加頂いたそうです。お話を聞きに来てくださった皆様に感謝申し上げます。)

数名の患者さん宅や施設に往診のご依頼を頂き、

緑区内で活動できたことが最も印象に残りました。

 

来年もかわらず地域医療に貢献していきたいと考えてます。

新年は1月4日から通常診療となります。

皆様、良いお年をお迎えください。

 

 

明日12/1は、紘靖院長の診察となります。


本日、11/30は第6回 朝市で語ろうが開催されました。

ご参加頂いた方々いかがでしたでしょうか。院長の話が長かった⁇

お天気もよく、沢山参加されたそうでよかったですね!

(写真は第4回のものですが)

実行委員の方々お疲れさまでした。

 

さて、急な告知で恐縮ですが、明日12/1(土)は紘靖院長診察となります。

幸一郎は都合によりお休みさせていただきます。

また月曜からがんばりますので、宜しくお願いいたします。

 

 

インフルエンザワクチン再入荷しました。


ワクチン不足で大変ご迷惑をおかけしております。

本日11/16に再入荷しましたのでお知らせいたします。

診療時間中、いつでも接種可能です。

来週一杯分まではあるのではないかと思われますが、タイミングによっては在庫がなくなりますこともご容赦願います。

例年12月にはワクチンは余ることが多いです。

体調の良い時に接種してください。

2018/19シーズンのインフルエンザワクチン接種を始めました。


20181015日より2018/19シーズンのインフルエンザワクチン接種を開始します。

費用は以下です。

  • 65歳以上の名古屋市民の方、60歳以上で身障1級の方:1500
  • 上記以外で65歳未満の方:3850円        
  • 13歳未満のお子さんで2回目の接種時:2700

昨シーズンは予約を行いましたが、今シーズンは以下の理由で予約は致しません。

  • 今シーズン中のインフルエンザワクチンの見込み供給量(約2,650万本)は、昨年の使用量(2,491万本)や 昨年を除く過去5年間の平均使用量(2,592万本)を上回っています。
  • より効率的なワクチンの活用を徹底するため、必要量に見合う量のワクチンを購入するように厚労省より要請されています。
  •  参考資料;《第19回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会研究開発及び生産・流通部会》より
  • 【資料2】2018/2019シーズンのインフルエンザワクチンの供給について(PDF:1,488KB)
  • https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000352296.pdf

必要な患者さんに接種可能とするため、当院では今シーズンのインフルエンザワクチンの予約は致しません。

現時点でワクチンは順次入荷しており、ご希望時に接種可能と見込んでいます。しかし問診票をお渡ししても、一時的にワクチンの入荷が遅れ、ご希望日に接種困難なこともあるかもしれません。

その際は、数日間お待たせする場合があることをご理解ください。  

ワクチンの入荷状況はお電話(052-891-1500)いただくか、窓口でご相談下さい。

当医院について


内科 小児科 皮膚科 腎臓内科

医療法人 紘和会 山本内科

〒458-0847 名古屋市緑区浦里3-163
TEL 052-891-1500
FAX 052-891-1900
URL http://yamamotonaika.co