最新情報


腎臓病教室


昨日は、だいどうクリニックでの腎臓病教室に参加してきました。

 

雨天であったにもかかわらず、今までで参加者が最も多い会となり盛況でした。

現場で活躍している診療看護師、栄養士、薬剤師の3人が約30分ずつ、

表題のテーマにつきとてもわかりやすく話して下さいました。おつかれさまでした!

腎臓の働きについて、食事療法の基本特にカリウムを減らす方法について、お薬を飲むタイミングについてなど、毎日役立つ実践的な内容でしたね。

沢山のご質問を頂き、皆様が興味を持っておられることがよくわかります。

ご参加頂きました患者さん、ご家族に感謝いたします。

次回は2週後の6月13日に同じ場所で行われます。

私も話をさせて頂く予定になっています。

お時間ありましたら、ぜひご参加ください。

 

おこだでませんように


久しぶりに更新です。

報告が遅くなりましたが、「第3回朝市で語ろう」にはなんと250名を超える地域の方が参加され盛況であったとのことです。企画運営された方々のご努力に頭が下がります。今後も地域の交流が進むことを期待し、当院もお手伝いできればよいと考えています。

 

昨日は素敵な方に出会いました。区内の小学校へ学校医として伺った際、健診終了後に「本の読み聞かせ」をボランティアで行っておられるJPIC読書アドバイザーの山村眞午さんの「語り」を聞くことができました。

http://lib-makoto.co.jp/makoto/TTStoppu.html

「なつみはなんにでもなれる」(2017年絵本屋さん大賞1位)を身振り手振りを交え、興味を惹かれる話し方で始まり、数々の絵本の紹介や、ご自身の体験を交えた話に引き込まれました。

絵本の素晴らしさ、こどもの発想の素晴らしさ、愛情を感じました。

「おこだてませんように」は目頭が熱くなりましたよ。

ぜひご一読ください。待合室にも置くことにしました。

 

学校の素晴らしい取り組みに感心しました。

検診後、帰りはとても温かいしあわせな気持ちになり、午後の診療に臨めましたよ。

山村さんありがとうございました。

あ、読みたくなった方はネット注文ではなくぜひ本屋さんで購入してくださいね。

ゴールデンウィークの診療日につきまして


連休期間中の診療はカレンダー通りとなります。

5月1火曜,2水曜は通常診療致しております。

 

大変申し訳ございませんが、GW期間中 5/3日木曜、4日金曜、5日土曜、6日日曜は終日休診とさせて頂きます。

 

休診期間中に体調が優れず、受診希望の方は

①午前9時30分から正午、午後1時から午後4時30分の間でしたら、

緑区休日急病診療所へ  電話:052-892-1133

http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000000261.html

②夜間や重症感があったり、特殊な状況にありましたら救急対応可能な病院が当番制で行なっています。

当番病院についきましては愛知県救急医療情報センター(電話:052-263-1133)へお問い合わせください。

http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/8-6-0-0-0-0-0-0-0-0.html

東城大学 ドラマ ブラックペアン


海堂尊さん原作のTBS日曜劇場ブラックペアンを楽しませてもらっています。

あまりドラマは見ないのですが、たまたま見てしまうと医療系ドラマはつい見入ってしまいますね。

内容も最後が面白いのですが、研修医が登場し、自分の研修医時代の事を考えさせられます。

このドラマ程に若者はしゃべれないよなぁと突っ込んだりもしています。

ただ自分が役に立たないことが情けなく、真剣に悩んで取り組んでいたことを思い出します。

初心を忘れないようにしないと。

さて、このドラマのロケ地は千葉のようですが、時々出てくる大学病院の外観は、母校ではないですか。

周囲にN池やT競馬場、2000人ホールの屋上ピラミッドが映っているので卒業生はわかりましたよ。単純にうれしくなってしまいました。

新病棟が立ち、冒頭画像はA病棟の完成図ですが、ドラマではこの最上階近くとヘリポートに「TOJO」と見て取れます。おそらくCG加工されているのでしょうね。次回、ドラマで探してみてください。

 

医療系総合大学なのですがもうすぐ藤田医科大と名称変更される、藤田保健衛生大学病院は、建物も立派ですが、医療内容も最先端を進んでいます。

受診が必要で、ご希望される患者さんには、医院から直接ネットで検査や外来もDr指定での予約が可能です。

ご希望の患者さんはご相談ください。

今後もドラマを楽しみにしています。

第3回 朝市で語ろう


4月27日金曜に「第3回朝市で語ろう」の開催が決まり、案内状を頂きました。

モーニングサービスの無償提供があり、

地域農家、自家栽培している方の有機野菜の持ち込み、果物・切花 あられ(われ煎)・乾物・麺類・天然酵母食パン等が販売されます。

今回は「南知多よりの干物(天日干し)」が目玉になるそうですよ!

前回に引き続き、当院の院長が健康相談窓口を担います。

地図のように巡回マイクロバスでの送迎もあります。

お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

集う場に「朝市で語ろう」


早いもので年度末になりました。
前回お知らせしました「第2回 朝市で語ろう」は大変活況で、200名以上の方が参加されたと聞き、関係者の方々のご努力に感銘を受けました。

お茶所でモーニングサービスの提供  みどりっちも参加!

中日新聞にも記事が掲載されました。

地元企業や市民活動団体の協力のもと、

地域のご高齢者を対象に語らいの場を提供し、
買い物支援や親睦・孤立防止などを目的とされています。
地域コミュニティの活性化や老人福祉増進を図ることを期待されています。

当院の院長も健康相談コーナーでお話する機会を頂きました。

自由に持ち帰って頂くことができる、各種疾患やワクチン・薬に関するパンフレットを多数そろえ、沢山の方に興味を持っていただくことが出来ました。
ご協力頂いた方々に御礼申し上げます。

第3回も4月27日金曜日に開催が決定されました。次回またお知らせしますね。

朝市で語ろう


まだまだ寒さが続き、風邪の患者さんも多いのですがいかがお過ごしでしょう。
オリンピックのため?ブログが滞っており恐縮です。

さて今週2月23日朝9時に、近隣のご高齢の方を対象に「朝市で語ろう」が開催されます。
友引の日に開催することで斎場を会場とすることができ、さらに巡回マイクロバスや
モーニングサービスも無償提供いただけ、
地元農家や市民活動団体なとの協力で農産品や食品等を販売されるものです。

地元企業や市民活動団体の協力のもと、地域のご高齢者を対象に語らいの場を提供し、
買い物支援や親睦・孤立防止などを目的とされています。
地域コミュニティの活性化や老人福祉増進を図ることも期待されています。

この企画をされたお一人の杉野さんに感銘を受け、お話を頂き、
当院の院長も「健康相談コーナー」に登場させて頂くこととなりました。

お誘いあわせの上、ご参加いただければ幸いです。

2月1日から午後診療は30分早く、16時30分開始になります。


「病院まちねっと」さんより取材して頂き、当院も掲載して頂きました。
http://www.byoin-machi.net/area3/aichi/00052676.html
ご紹介いただいた、木村先生 ありがとうございます。
同じ腎臓内科医であり、緑区の東と西で協力させて頂いています。
http://www.byoin-machi.net/area3/aichi/00052695.html

外が暗くなる前に、午後受診できればという声を頂いていました。
今回を契機に!?午後の診療時間を早めます。
2月1日から、午後診療を30分早めて16時30分開始とします。
ご利用ください。
番号カードシステムも先週明けより無事に再開しています。

雪が降ったり、止んだり。まだまだ寒い日が続きます。
インフルエンザの患者さんも多く、市内の学校では学級閉鎖も多数報告されています。
手洗い、うがい、マスク着用、十分な睡眠確保などで対策し、ご注意ください。

番号カードシステム  ご利用ください


先週末は、待合室の電光掲示板パソコンが8年以上使用し、経年変化で壊れてしまい表示できなくなってしまいました。
このため、このパソコンに機能を追加した、お待ち番号表示・および便利なシステムである、院外待機システムを中断せざるをえませんでした。
“便利なシステムとは”
「今日カードはどうしたの?」と気にして頂く患者さんも数名おられたとのこと。
カードをお渡し始めてから3か月目ですが、待ち番号がわかることに安心感があることと、システムにも慣れて頂いていたんだなと実感しました。
気にして頂き有難うございました。
同時にカードを集配する労を担うスタッフ、様々なシステムを作成頂いたヒューマンサポートの方々に感謝しています。

ご不便をお掛けいたしておりましたが、システムは再開しています。ご利用ください。

1月12日午後の診察は副院長診察となります。


1月12日 金曜午後は、院長の都合により、
副院長 幸一郎が午前に引き続き診察させて頂きます。
院長の診察をご希望の方、お話を楽しみにされる患者さんには
急で大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

写真は、東山動物園で撮影。
昼食時は、動物が活発に動いている姿が見られて、オススメです。
赤ちゃんを抱えたコアラが動く姿を、初めて見られて感激しましたよ。

当医院について


内科 小児科 皮膚科 腎臓内科

医療法人 紘和会 山本内科

〒458-0847 名古屋市緑区浦里3-163
TEL 052-891-1500
FAX 052-891-1900
URL http://yamamotonaika.co