最新情報


ADPKD(多発性嚢胞腎)をご存じですか。


  • ADPKD(多発性嚢胞腎)は、腎臓に多数の嚢胞が発生・増大し、腎臓の働きが低下していく遺伝性の病気です。
  • 2017年に日本で透析導入となった患者さんの2.6% 約1000人がこのADPKDによると報告されています。

 

  • 私は研修医の時に初めてADPKDの透析患者さんにお会いすることができました。
  • とても気さくな方でよく透析患者さんの生活などを話して教えてくださいました。
  • お腹が大きいことと、原因不明の高熱を毎年繰り返されていたことが特徴の方でとても印象深い患者さんでした。
  • 前者は肝臓・腎臓に多発性の嚢胞があるためで、また後者の発熱は嚢胞感染によるものだったのです。

 

  • 当時は、根本的な治療法がなかったのですが、2014年から本邦発のトルバプタンという薬が登場。
  • これにより透析導入までの期間が遅れることが認められており、私も数名の患者さんに投与させて頂くことができ、その効果が期待されています。
  • また、他にも幾つかの治験も進んでいると聞き期待されています。

 

  • 先週末には、多発性嚢胞腎フォーラムに参加し、「患者さんとご家族のための多発性嚢胞腎(PKD)療養ガイド2019」が新たに発刊されたことを知りえました。
  •   http://lifescience.co.jp/shop2/index_0183.html
  • 実際に聞きたいことに応えており、とてもわかりやすい内容になっています。

 

  • 病気のメカニズムなど正しい情報を本やネットで知って頂くのがとても重要です。
  • 「ADPKD.JP 多発性嚢胞腎がよくわかるサイト」
  •   https://www.adpkd.jp/
  • ご不明な点や疑問がありましたら、当院に聴いていいただければ応えていきますので、ご利用ください。

かかりつけ医として


当院のホームページを見て下さりありがとうございます。

写真は、日本医師会のかかりつけ医研修会の認定証です。

 

今日は、患者さんからうれしい話を聞きました。

このホームページ内の【現在の待ち状況】をいつも見ていますよ!とのこと。

受診の際に、待ち時間を少なくするのに使って下さっているそうです。

 

今後もかかりつけ医として、利便性のよい医院になるようにしていきたいと思います。

当医院について


内科 小児科 皮膚科 腎臓内科

医療法人 紘和会 山本内科

〒458-0847 名古屋市緑区浦里3-163
TEL 052-891-1500
FAX 052-891-1900
URL http://yamamotonaika.co