最新情報


風しん患者さんが増えています。


愛知県での麻しんの流行は終息しましたが、風しんについても注意が必要です。

現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増加していると報告されています。この時期は、多くの人の往来が見込まれることから、今後、全国的に感染が拡大する可能性があります。具体的には、第30週から第31週まで(7月23日から8月5日まで)に38例の風しんの届け出があり、多くは30代から50代の男性が占めていました。30代から50代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。

今後、広範な地域において風しん患者が発生し、医療機関を受診する可能性があり、厚生労働省から注意喚起がありました。

対策としては、

  1. 最近の海外渡航歴及び国内旅行歴があり、発熱や発しんを生じた際は、風しんにかかっている可能性を念頭に置き、風しんにかかったことがあるか、及び予防接種を打っているか確認ください。
  2. 特に30代から50代の男性のうち、明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている方を除いた方に対して、風しんの任意予防接種が勧められます。
  3. 妊婦への感染を防止するため、特に ① 妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族 ②10代後半から40代の女性(特に妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)に上記と同様な条件で、風しんの任意予防接種を行うこと。

 

ワクチンは取り寄せになり、1-2日以内で入荷し当院で接種可能です。

予防接種をご希望の方は、先ずは電話でお問い合わせください。

 

参考1:感染症発生動向調査(IDWR)(平成30年8月8日時点)(国立感染症研究所) https://www.niid.go.jp/niid//images/idsc/disease/rubella/2018pdf/rube18-31.pdf

参考2:風しんとは(厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/r ubella/

当医院について


内科 小児科 皮膚科 腎臓内科

医療法人 紘和会 山本内科

〒458-0847 名古屋市緑区浦里3-163
TEL 052-891-1500
FAX 052-891-1900
URL http://yamamotonaika.co